着回しコーデの方法・コツを着回ししやすい服・アイテムを交え紹介

HOME > すべての記事 > ビューティ&ヘルス > ローフードってなぁに?

ビューティ&ヘルス

ローフードってなぁに?

こんにちは!
kaoriです。

 

今日は、私がファスティングの準備食、回復食だけでなく

日々の食生活にメインで取り入れている

「ローフード」について動画にてお伝えしています。

 

 

ロー・フード(raw food)。

お野菜やフルーツ・ナッツ等を生で食べることにより、

酵素や栄養素を効果的に摂る食事法です。

 

 

体内には、食べたものを消化するために

分泌される「消化酵素」と、血液の循環や毒素の排泄、

栄養の取り込み、ホルモンの分泌に関与する「代謝酵素」があります。

 

 

現代の食生活は欧米化し、

日本人の私たちの身体は消化酵素を

たくさん使うことになっています。

 

 

そうすると摂り入れた酵素や栄養素が

代謝にまで使われず、代謝下がり、

疲れや眠気を感じやすくなったりします。

 

 

また風邪をひきやすくなったり、

肩こりや頭痛などの体調不良の原因となり、

病気につながりかねません。

 

 

生の野菜や果物を多く摂取すると、

それ自体を消化する酵素はあまり必要とせず、

代謝酵素が十分に働くようになり、

代謝が盛んになっていきます。

 

排泄が盛んになると、体調改善やダイエット、

美肌に効果的で、健康になるといわれています。

ローフードについて

 

『なぜローフードが良いのか、調理するとどうなるのか?』

 

 

酵素は、熱に弱いという性質がありますので、

加熱調理をすると、どうしても酵素は

失活してしまいますので、

48度以下で調理する必要があります。

 

 

ローフードは、先ほどもありましたように、

生のまま調理し、生きた命をいただく調理法ですので、

酵素だけでなく、ビタミン、ミネラルも

効率よく摂取することができます。

 

 

消化酵素を使わずに、しっかり代謝酵素として

使えるようになるため、デトックスや進んだり、

代謝アップ、お肌のターンオーバーが整ったり・・・

とたくさんのメリットがあります。

 

肉や魚は?

 

動物性のたんぱく質は消化にかなりの

エネルギーを使うため、疲労感を感じます。

 

 

よく、お肉を食べた後、お腹いっぱいで眠くなる・・・

という経験をされた経験があるかと思います。

 

 

まさにこの症状です。

 

 

また、動物性たんぱく質の摂りすぎは、

骨粗しょう症、腎臓障害、がん、老化、高血圧症、

心臓病、動脈硬化、関節炎、痛風などの

様々な病気を引き起こすと言われています。

 

 

たんぱく質を摂るために、

お肉を・・・と言われがちですが、

たんぱく質の摂りすぎは、

肝臓と腎臓に大きな負担となります。

 

 

お勧めの摂り方

 

 

100パーセントローフードにする必要はありません。

 

何事もバランスは大事です。

 

 

まずは、朝のスムージーや、

毎食、ベジファースト(まずは生野菜サラダからお食事スタート)、

ドレッシングを手作りする、糠漬け、納豆など、

発酵食品を積極的に取り入れてみる・・・

こういうところから始めてみることをお勧めします。